第4章🇦🇩アンドラ🇦🇩 【海外移住】

f:id:geraw:20200527230549p:image

みなさまこんにちは!up主です〜

 

今回の移住先候補は、アンドラ🇦🇩!

それでは、細かく見ていきましょう\\٩( 'ω' )و //

 

f:id:geraw:20200527230941p:image

f:id:geraw:20200527231946j:image

(1)正式名称  :  アンドラ公国

(2)首都   :   アンドラ・ラ・ベリャ

(3)面積 :  468㎢(琵琶湖の670㎢より小さい!石垣島は222㎢という事で、石垣島2つぐらいですね!) 

✳︎up主は石垣島に行ったことがあるのですが、そう考えると結構小さい国だと思います..._(:3 」∠)_

 

↓丸で囲んだちっさ〜いところです笑 黒い拡大版を参照下さい( ´Д`)

f:id:geraw:20200527234525p:image

(4)人口   :  76,177人(2018年,アンドラ統計局)

(5)人口ピラミッド  : 目ぼしいものが無かったです!(>_<) 後に理由は書いてあるので、そちらをご覧ください!

(6)通貨 : ユーロ

(7)主要言語   : 公用語はカタルニア語,その他スペイン語,ポルトガル語,フランス語

(8)政治体制   : 共同元首を擁する議会制

✳︎アンドラの国家元首はフランス大統領とウルヘル司教(スペイン)のお二人です!歴史が原因なのですが、面白いですよね笑

(9)日本との時差   : 7時間

(10)気候環境 : アンドラ公国はスペインとフランスのあいだにあるピレネー山脈の中にあります。首都のアンドラ・ラ・ベリャは標高約1000mの山岳地帯にあるため昼間と夜間では寒暖差が激しいです。また、年間を通じてとても涼しいとのこと。雨量は多い方で、それもほぼ均等に降るので雨具は必携となるそうです!雨苦手なので私的には厳しい!笑笑

(11)宗教 : 国民の大多数がカトリック

(12)観光地や世界遺産 : マドリウ・ペラフィタ・クラロ渓谷(遺産)、グランドバリラ(スキー)、カサ・デ・ラ・バル、サン・エステバ教会、カルデア、等々...

(13)世界治安ランキング  : ランク外/163位

  ランキングに載ってませんでしたが、治安は悪く無いようで、危険度の所にニコちゃんマークついてました😊笑  きっと安全な方なのかと思います笑

 

f:id:geraw:20200527231948j:image

(1)為替レート  :1$=0.91€(2020年5月時点)
           : 1€(ユーロ)=118.36円(2020年5月時点)

 ✳︎水0.5~0.7ユーロ、ランチで8ユーロくらい、安宿15~35ユーロくらいだそうです!

 ✳︎単身向けの家が約7万3千円と、日本に近いですね〜!(海外転勤サイトより)

 

  どちらかというとスペイン寄りの物価らしく、日本円と比べると若干安く、ヨーロッパの中では安い部類に入るそうです。

  重要なのが、近隣諸国がお買い物をしにわざわざアンドラまで来るというところです!

 確か「タックス・ヘイヴン」と言われていて、とにかく免税祭りなんですね〜\( 'ω')/ブランドが安めに買えちゃったりします!✌︎('ω'✌︎ )

 しかし、タックス・ヘイヴンであったアンドラも、2012年1月から法人税及び非居住者に対する直接税を導入したのを皮切りに,翌2013年1月には付加価値税4.5%,2015年1月からは個人に対する所得税(基本税率10%)を課すようになってます!2018年12月のEU経済・財務理事会において「グレー・リスト」から削除されており、税徴収が始まっていたりするんですね!

 けれども、免税は多いのでお客さんも多いのだとか!

up主は行ったことがないのであれなのですが、いつか行った時には実際どのくらいお得なのか書きたいですね!

 

f:id:geraw:20200527232002j:image

(1)GDP  :約27億4200万ユーロ(2018年,アンドラ統計局)

(2)主要産業 : 観光業,サービス業,流通産業,金融業

(3)輸出入に関して :  アンドラの主要な経済パートナーはEUであり,財政収入の大部分を輸入関税に頼っています。

 政府は基幹産業である観光業及びサービス業の振興に継続して努力しており、2012年以降、上限30パーセントの外資規制の撤廃や外国人による起業手続きの簡便化を行い,国を挙げて外資誘致に取り組んでいます。

 また、観光業がかなり強いようで、実はヨーロッパの温泉大国とも言われるそうな..!

温泉大好きなのでこれはポイント高いです!٩( 'ω' )و 

 

f:id:geraw:20200527232008j:image

 治安は非常に良好で、一般的だと言えるそうです。凶悪犯罪もほとんど発生していないため、過ごしやすいのではないかと!結論、普通です!笑

 ただ、観光地なため夜間の外出はやはり普通に避けるべきなのと、スリも気をつけたいところですね!

 

f:id:geraw:20200527232028j:image

 医療の質で過去に1位になったこともあるアンドラ公国。外国人が適応されるかどうか分かりませんが、とりあえずは心配しない方向性で笑 

そもそも、1位なんて簡単に取れるものでは無いですしね!笑

 食事も地中海よりでクセも強くなさそうですし、後はワインの消費量が世界2位とからしいですよっ奥さん!\( 'ω')/

 交通が地下鉄と飛行機がないため、基本陸路って言うのが後々大変になるかも知れませんね。

まぁ車を買ってしまえばいいだけなんですけど(^^)v

 

f:id:geraw:20200527232034j:image

 

移住したいレベル :  ★★★★☆ (88%)

 

 このブログ初めてから、はじめて移住してみたいと思いました笑笑

 

 個人的に語学が意外と引っかかっていまして、英語が通じないこともあるらしいのです。

これに関しては勉強するのみだとは思いますが笑

 

 その他は特に気になったことは正直ないですが、観光業に依存していると今回のようなコロナに見舞われると国が破綻してしまうこともあるので、そこだけは心配ですね笑笑

 

 とりあえず今回はこの辺で!(`・ω・´)

全国調べ上げた後に、選ばれた数カ国を深堀して行こうと思っているので、よろしくお願いします(๑˃̵ᴗ˂̵)


それでは次回は第5章、アンゴラ🇦🇴です!

 

またお会いしましょう!サラバッ✌︎('ω'✌︎ )

 


<主な参考文献&サイト>

外務省ホームページ、独立行政法人JICAホームページ etc...